忍者ブログ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レオタードはもう私たちの生活に溶け込んできた:映画でのアイアンマン、スパイダーマンの着てる全身タイツでも、アニメ展でのキャラクターコスプレタイツ、まだ曲芸、柔術の舞台の上で、あるいはいくつかの不便は露出して、露出効果の舞劇これらのところで、いつもタイツを着る。

外国の前衛の仮装舞踏会、あるいはブランドファッションの発表会、定期総会が多く、首さえ一緒に番狂わせ全身を包むのモデルが舞台の上を歩く。そしてブラジル一年一度の祭りリオデジャネイロ市ベニス年に一度の仮面大会、全身タイツの傑出した表現。

日本や外国人は男や女、タイツが私達の生活だけではなく、身近な衣類はこんなに簡単で。全身タイツの多くの時、かもしれないそうで、それを代表している。芸術あるいは反逆;自由自在、自己アピール、情趣と生活、幻のダンス。曲線感動させるとともに、危険を持って。もしかするとレオタードの多くのキーワードがそれを待っていませんが、私たち一緒に発見。
http://d.hatena.ne.jp/cosisyou0044/20130118/1358490024
PR
ダン・アリエリー、18歳の時の1度の爆発する予想外、艾瑞里全身皮膚の70%やけどを譲って、やけどする病棟に住んでいて3年の長期に達します。治療■■■全身タイツを着て黒色の弾力性のぴったりした服、頭のマスクをかぶる彼を使って、あざけることから“スパイダーマン”のため。

各国王宮のスポーツ芸術であるサーカスにおいて、身体の躍動を余すところなく見せるための全身タイツがその発祥。その機能はさらに歴史のあるレオタードにほぼ準ずる。その機能性は高く、アクロバット系競技やダンス、スピードスケートなどのスポーツシーンには欠かせないものとなっている。

それらの宴会用全身タイツは、一着3000円前後(2004年現在)で販売されている。素材は化学繊維で、上述のスポーツ用の製品に比べて通気性が悪い、縫製が悪い、洗濯ができないなど、粗悪なつくりになっている。
http://d.hatena.ne.jp/cosisyou0044/20130117/1358405394

アニメ『ルパン三世』では、ルパンが黒い全身タイツ状の服を着用しているシーンが見られる。またマンガ『キャッツ・アイ』(作・北条 司)の衣装は、ひとつの典型として今でもパロディなどで引用されることが多い。

そもそも「タイツ」は歴史的経緯(ズボンの変形)から脚に着用されることが定義に含まれておりますので、全身タイツという名称ではあるが、矛盾した用語と言えないことはない。頭部全体も含め全身隅々まで覆ってしまう衣服のこと。独特な着用感があると言われ、フェティシズムのカテゴリーとして認知されている。

(ただし、バレエの練習着の「オール・タイツ」は必ずしも身体に密着するものだけではない)。しかし、この全身タイツは普通のものとちょっと違います。多くの場合、上肢は袖なし、下肢は足先とかかとが露出したもの(トレンカ)であるが、ベジャールの「ルナ」など袖ありの衣装も稀にある。
http://d.hatena.ne.jp/cosisyou0044/20130115/1358237674




カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]